JApan Network Operators' Group
JANOG44は株式会社アット東京のホストにより開催します。

オープンソースソフトウェアを活用してDisaggregated Routerを"1"から開発した話

概要

今年度からルータ用途のASICを搭載したホワイトボックスルータ(キャリアグレード)のリリースが予定されており、データセンター以外の領域でもホワイトボックスルータの導入が進んでいくと予想されています。

KDDIとしてもホワイトボックスルータの導入検討を進めており、その一環としてオープンソースソフトウェアを活用したプロトタイプ機を開発しました。 

プラットフォームに依存せず様々なHWで使用できる事をコンセプトとして開発し、HW/SWをDisaggregateすることができたため“Disaggregated Router”と呼んでいます。
 
本セッションでは、「Disaggregated Routerの全体アーキテクチャ」、「ソフトウェアアーキテクチャ」、「課題や今後の展望」を紹介するとともに、開発にあたって苦労した点なども共有いたします。

発表者

鈴木 雄一郎 (KDDI株式会社)
仲山 裕也 (KDDI株式会社)
野崎 忠雄 (Delta Network,inc.)
HANS TSENG (Delta Network,inc.)

資料

オープンソースソフトウェアを活用 して Disaggregated Router を " から開発した話

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.