CSMA/CDを参考にビデオ会話の会話制御について考える

概要

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴い、社会ではテレワークが普及してきた。
テレワークにおけるビデオ会議には、Zoom, Microsoft Teams, Skype, WebEx等様々なツールが用いられている。
これらのビデオ会議は一般に半二重通信のインターフェースであり、発言の衝突が度々発生する。
そこで、半二重通信で広く用いられているCSMA/CDを参考に、今日のビデオ会議における通信、もとい会話制御について考察する。

発表者

今井 宏謙(株式会社Jストリーム)

公開資料

発表資料

アーカイブ配信

タイトルとURLをコピーしました