仕様書考察隊が行く(様々な規格に振り回されない技術の筋・素地を読む力)

概要

400Gから800Gへの高速化、新しい100G。どんどん新しい伝送方式が登場しています。同じ速度であっても、芯数が違う、送受信の仕組みが違う、また通信距離が違うことが増えてきました。次々と登場する様々な規格に振り回されないよう、技術の筋・素地を読む力を付けるための勘所について説明いたします。仕様書に書かれている内容を「覚える」のではなく「考察」して理解する力。そのためには 客観性より流派師匠の教えや、自分の考え方の柱を建てることが事が大事。単に技術情報の提供だけではなく仕事に対する取り組み方についても踏み込んで語ります。

場所

MCデジタル・リアルティ room(301-303)

日時

Day2 2024年1月18日(木) 10:45~11:30(45分)

発表者

森川 誠一
WaveSplitter Technologies, Inc.
佐伯 尊子
株式会社ブロードバンドタワー

Slack チャンネル

本会議中はもちろん、本会議開始前や終了後の議論の場としてご利用ください。

#janog53-仕様書考察隊が行く

公開資料

【事前資料】仕様書考察隊が行く
【当日資料】仕様書考察隊が行く

アーカイブ配信

\このページをシェアする/
translate »